対策種類に関する説明

肝斑対策のシミ化粧品

肝斑(かんぱん)とは、褐色系の色素斑のことで、シミの一種です。 このシミは、肝臓の表面上の模様にも見えることと、肝臓の様に左右対称に現れることが多いので、肝斑と称されるようになったと言われています。


肝斑が発生する原因は、ホルモンのバランスの崩れと関係しているとされており、紫外線を浴びると更に悪化してしまいます。
ホルモンのバランス崩れますと体内の活性酸素が増大しますので、抗酸化食品やサプリの摂取も非常に有効な治療法となります。


また、肝斑は、シミを消す効果のある化粧品による継続的なケアと紫外線対策をしっかり行うことでも、かなり改善されるとされています。
最近は、肝斑に効く内服できる美白サプリのようなものもありますので、内からと外からの両方からのケアで、より早い改善も望めることでしょう。


肝斑にも有効なシミ化粧品の一例として、ビーグレン 美白セット、アンプルール、プラチナVCセラム、HANAオーはニックなどもあります。


広範囲にポツポツと広がって存在する薄目のシミ対策のシミ化粧品

広範囲にポツポツと広がって存在する薄目のシミの原因は、遺伝性のそばかすから、角質の残った汚れの色素沈着など様々なものがありますが、このシミが発生するのに多かれ少なかれ関わっている要因には、紫外線が挙げられ、発生したシミがさらに広がったり濃くなったりしてしまいます。

この様なシミには、しっかりとした継続的な紫外線対策を行って、これ以上新たなシミを発生させないようにする対策と、発生してしまったシミを可能な限り薄くしていく対策が必要です。
広範囲のシミに有効なシミ化粧品の一例として、アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ、スノーヴァ、ビーグレン 美白セットなどもあります。



濃いシミ対策のシミ化粧品

怪我やニキビの跡が残ってしまい、黒っぽい濃いシミができてしまうことがあります。 怪我やニキビが悪化する等して炎症を起こした肌は、危機感からシミの原因となるメラニンを大量に生成する性質がありますので、このように細胞がメラニン生成を一旦活発化し始めてしまいますと、その後もメラニン生成を活発に行い続けてしまいます。


肌のターンオーバーが正常に行われていますと、このようにしてできてしまったシミも、ターンオーバーを重ねるに連れてシミは徐々に目立たなくなっていきますが、ターンオーバーを正常にできなかった場合には、メラニンが肌に色素沈着を起こしてシミを増加させたり、紫外線を浴びることでシミは段々と濃くなってしまいます。
このようなシミへの改善対策には、メラニンの生成を抑制し、メラニン色素を排除し、皮膚細胞の活性化を取り戻し、正常な肌のターンオーバーへと戻してあげる必要があります。


メラニンの生成を抑制し、メラニン色素を排除するのに有効な美白成分は、主に、ハイドロキノンやビタミンCとされており、皮膚細胞の活性化を取り戻し、正常な肌のターンオーバーへと戻してあげるのに有効な成分は、主に、ビタミンCやプラセンタ等とされています。
上記の有効成分が配合されたシミを消す効果の高い美白化粧品を継続的にケアを行うことで、かなりの改善が期待できます。


濃いシミに有効なシミ化粧品の一例として、ビーグレン 美白セット、アンプルール、スノーヴァなどもあります。



次の記事をチェック ⇒ 肌質別の対策法

トップページ 基礎知識 症状と対策 美白有効成分 口コミランキング