レチノイン酸の詳細

レチノイン酸とは?

レチノイン酸は、レチノールと称されるビタミンAの誘導体で、ハイドロキノンとの併用でシミを消す相乗効果を引き上げる美白有効成分の1種です。

ビタミンAという物質は、体内に浸透しづらい為、誘導体となることで、酵素と皮膚内で反応を起こし、ビタミンAに還元されます。
レチノールの効能には、肌の再生やピーリング効果があり、肌のターンオーバーを促進し、角質除去をしながら、肌細胞の再生化を行います。


また、肌の深層部にあるメラニンの排出も行ってくれますので、新しいシミができない様に予防もしてくれます。
しかし、現在、国内では、レチノイン酸を化粧品で使用する許可は、おりていませんので、皮膚科および美容クリニック等の医療機関での処方箋なしには、使用できません。



レチノイン酸で高い効果があるとされているシミのタイプ

レチノイン酸で高い効果があるとされているシミのタイプには、肝斑、老人性色素班、そばかす、ニキビ跡、扁平母斑等があります。 特に、肝斑で悩んでいた方には、これまで治療が容易ではないとされてきましたが、肝斑への効果も大きいとされますので、他のシミよりも治療期間は長めにかかりますが、高い治療効果を期待できそうです。


また、ハイドロキノンとの併用で、更に高い効果を確実に得ることができるようです。
シミの他にもニキビや皺にも効果が期待できるとされていますので、美肌の為に優れた効果をもたらしてくれる有効成分です。



レチノイン酸の副作用

レチノイン酸は、皮膚の角質を除去する作用がありますので、角質が除去されることによって、これまで角質層によって保守されていた表皮が、いきなり外界にさらされますので、レチノイン酸を皮膚が摂取すると皮膚が乾燥したり、かゆみなどの症状が起こる他にも、皮膚がパラパラと剥けてしまうという副作用が起きることもあるようです。

こうした副作用は、レチノイン酸の継続的な使用により治まっていくようですが、保湿剤の使用でこうした副作用を抑えることもできます。
また、陽に当たると、かゆみが発生しやすくなるので、日焼け止めの使用は必須です。




次の記事をチェック ⇒ αアルブチン

トップページ 基礎知識 症状と対策 美白有効成分 口コミランキング