年代別の対策法に関する説明

二十代のシミ化粧品でのシミ対策方法

二十代の肌にはシミの原因とされるメラニンが肌の深層部に、さほど多くは蓄積されていません。  この蓄積は、別名、隠れシミとも呼ばれ、このメラニンを抑止したり、肌のターンオーバーで正常に排出させないと、その後、このメラニンが肌に色素沈着を起こして、肌の表面に現れてシミとなります。


二十代のシミ化粧品でのシミ対策の方法で重要となってくることは、肌の深層部のメラニンの生成を抑制することで、後にシミが発生するのを防ぐことです。
この対策に有効なシミ化粧品には、デルメッド、ビーグレン製品、POLAホワイティシモ等もあります。



三十代のシミ化粧品でのシミ対策方法

25歳からエストロゲンという美肌を保つホルモンが減少し始め、肌の老化が始まり、肌のターンオーバーも遅くなり始めますので、シミ等も目立ち始めます。

三十代でのシミの対策は、目立ち始めたシミを増加させないようにシミ予防の対策をしっかり行うことと、衰え始めた肌のターンオーバーを活性化し、肌の深層部のメラニンンを正常に排出できるようにしてあげる必要があります。
また、仕事や社会的責任も重くなり、ストレスでホルモンのバランスも崩れがちになり、体内の活性酸素も増加してメラニンが増加しやすい環境を体内に作りがちです。


この活性酸素の除去も抗酸化作用のある成分のサプリ等の摂取をして、内から外から、シミ対策を行うことも必要です。
ホルモンのバランスが崩れているためにシミが増加した人にも有効なシミ化粧品には、HANAオーガニックというものもあります。


また、肌の深層部でのメラニン生成を抑制し、シミを防止しするシミ化粧品には、POLAホワイティシモというものもあります。
更に、目立ち始めたシミをケアしたい人にも有効なシミ化粧品には、アンプルールというものもあります。



四十代のシミ化粧品でのシミ対策方法

40歳を超えると肌のターンオーバーも更に遅くなり、肌の深層部に蓄積されてきた紫外線による肌細胞のダメージが、皺やシミといった形で肌の表面に現れやすくなります。

また、ホルモンのバランスの崩れで、肝斑と称されるシミもできやすくなります。
四十代でシミの対策は、シミを予防する種類のシミ化粧品ではなく、シミを消す効果の高いシミ化粧品を選択することも大事になってきます。


肌の表面に現れてしまっているシミや肝斑には、シミを消す効果が非常に高い有効成分ハイドロキノンを含有したビーグレンやアンプルールの製品もお勧めです。
肝斑には、ホルモンのバランスの乱れにも働きかけてくれるHANAオーガニックもお勧めできます。




次の記事をチェック ⇒ 種類別の対策法

トップページ 基礎知識 症状と対策 美白有効成分 口コミランキング