選び方についての説明

シミ予防のシミ化粧品

シミを予防するシミ化粧品は、浸透力が良いシミ化粧品である必要があります。 シミを予防するには、肌の深層部で行われているメラニン生成を抑制する必要があるからです。


通常は、ターンオーバーでメラニンが角質と共に排出されますが、正常なターンオーバーがされなくなったり、ターンオーバーが遅くなると、メラニンが肌に色素沈着を起こし、この肌細胞が肌に浮上するとシミとなって現れます。
メラニンを抑制する優れた美白成分をいくら多く含んでいても、浸透率が悪いものは、肌の奥の奥、つまりメラニンンが生成される肌の深層部まで美白有効成分が届きません。


美白有効成分がナノ化されたものなどを選ぶと、しっかり肌の深層部まで有効成分が届きますので、メラニンが肌の表面に浮上してシミとなる前に、メラニンを抑止してシミを防ぐことができます。


シミを消す効果が高いシミ化粧品

シミを可能な限り薄くしたい人は、シミ予防の美白化粧品を使用してもその効果をなかなか実感することはできません。 シミ予防の美容液には、シミをこれ以上増やさない効果はあるでしょうが、既にできてしまったシミを薄くする効果のある美白有効成分が入っていないからです。


この成分として最も効果があるとされているのはハイドロキノンです。
この成分は副作用もありますので、4%以上の濃度のものは、医者の処方が必要となります。


しかし、この成分もナノ化にし、肌の奥の奥まで届くことに成功したビーグレーンのようなシミを消すのに高い効果のある美白化粧品もあります。
このような化粧品のメリットは、ナノ化により肌の深層部まで届きやすくなっているので、濃度を高くしなくても十分な効果を実感できるようになっています。


 これにより、副作用の心配も更に低くなり、安心して、より大きな効果を期待できるメリットがあります。


ホルモンのバランスを整える働きもあるシミ化粧品

シミは、ホルモンのバランスの崩れによっても増加します。 ホルモンのバランスの崩れで、体内の活性酸素が一気に増加し、メラニンを刺激し、メラニンが体内で一気に増加します。


ホルモンのバランスが崩れますと、肌のターンオーバーも遅くなりますので、増殖されたメラニンが、なかなか排出されることができないでいると、肌に色素沈着を起こしてシミとなります。
これには、肌の深層部でメラニンを抑制し、肌のターンオーバーを正常化させる必要があります。


ローズ成分の入ったオーガニック製品のHANAオーガニックなどの美白化粧品は、ホルモンのバランスを整えながら、美肌ホルモンにも働きかけ、更に肌の深層部では、メラニンの抑制も行ってくれます。
肝斑などのシミにもこうしたタイプのシミ化粧品は効果的です。




次の記事をチェック ⇒ 化粧品の選び方

トップページ 基礎知識 症状と対策 美白有効成分 口コミランキング