選び方について

自分のシミの種類にあった有効成分が配合されているかチェック

一般的にシミ化粧品は高価なものが殆どですので、費用対効果の面から考えても、効果の高い美白化粧品を選択したいものです。 シミと言っても様々なタイプのシミがあり、シミの種類の違いにより原因も様ですので、自分のシミの種類にあった有効成分でシミを消す効果の高い美白化粧品を選択する必要があります。


単に、出来てしまったシミを消すのであれば、ハイドロキノンが、現在においては、元もシミ消し効果が高い有効成分とされています。
しかし、隠れシミが原因であるのであれば、肌の深層部のメラニンを抑制し、排出する効果のあるものや、肌のターンオーバーを正常化することで、メラニンンの色素沈着を防ぎ、新しいシミを増やすことを防止できます。


これには、ハイドロキノン、ビタミンCやプラセンタ等が有効とされています。
また、肝斑等のシミは、ホルモンのバランスの乱れからくるものですので、体内の活性酸素の除去も必要ですので、身体の内と外からの治療や対策が必要となります。


このように、自分のシミについて知識を深め、自分のシミの種類にあった有効成分が配合されているか、配合成分をチェックをしてから購入することで、その美白化粧品の効果を最大に高めて使用することができます。


各配合成分の含有率と安全性を考慮して製品ごとに比較する

自分のシミに合うシミを消す効果の高い有効成分が把握できましたら、その有効成分が多く入っているものは、一般的に、より高い効果を期待できるとされています。

しかし、シミを消す効果の高い有効成分の中には、安全な摂取量を超えると副作用を発生させるものもありますので、安全な範囲以内で最大限に豊富に含まれていることが重要となります。
この有効成分の含有率によっても美白化粧品の値段も当然変わってきます。


美白化粧品は、継続的に使うことで効果を実感できるものが殆どですので、無理なく継続的に使用できる価格の範囲で、できるだけ費用対効果が高いものを選択したいものです。


浸透率の高いものを選びましょう

どんなに優れたシミ消し効果の高い有効成分を含んだ美白化粧品でも、浸透力のあるものでなかれば、効果は生まれません。 浸透力とは、肌の奥の奥まで届く力です。


特に、シミの原因は、肌の深層部でメラニンが生成されることでシミの原因が生まれますので、この深層部まで美白有効成分がしっかり浸透して届かなければ意味がありません。
最近では、美白有効成分をナノ化して小さくすることで肌の深層部までしっかり浸透し作用してくれる優れた美白化粧品も多く存在していますので、浸透力の優れたものを選ぶことで、有効成分が確実に適所に届く確率も高くなります。




次の記事をチェック ⇒ 年代別の対策法

トップページ 基礎知識 症状と対策 美白有効成分 口コミランキング